☆キラキラ☆


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから早いもので
もう1年が経とうとしています

Nさん
元気にしていますか

サクラが満開に咲き乱れる晩

Nさんの最期が近いと電話を受け
急いで病院へと向かった

まさかこの日が来るなんて
思わず涙が込み上げてくる

でもまだ泣いたらダメだ

最期を認めてしまうコトになるから
今Nさんは一生懸命頑張ってるんだから

そう自分を励まし泣くことを我慢した

病棟まで駆け上り
ふと見ると

動いているはずのモニターが
OFFになっていた

まさか

部屋に駆け入ると
家族がNさんを囲んで泣き崩れていた

Nさんの頬に触れると
触れた肌はまだ温かく

いつものように返事をしてくれそうだった

でもどんなに話しかけても
どんなに身体に触れても

何一つ反応してくれなかった

Nさんとの約束
Nさんと奥さんとエリ3人で
庭のサクラを見に行こうって約束

結局守れなかった約束

なかなかツボミは開かず
やっと開き出した頃には

Nさんの意識レベルは低下していた

他の看護婦さんの事はいっこも覚えないのに
エリさんの事だけは覚えててね

いっつもエリさんの事話してたのよ
エリさんはわしの何よりの特効薬やってね

奥さんはエリの手を強く握り
涙を流して言って下さった

身体を拭いている途中

温かかったはずの身体が
だんだん冷たくなっていった

この時に初めて
Nさんはもう亡くなってしまったんだ
信じたくない現実を思い知らされた瞬間

あれからもう1年ですね
Nさんは今頃どうしてるのかな

家族のみんなと一緒に
満開に咲くサクラを見てるのかな

桜色舞うこの季節が来る度に
エリはあなたの事を思い出します

どんなに辛くても弱音一つはかず
一生懸命に病気と闘ってきたあなたの強さ

ユニークでおちゃめな温かさや優しさ
家族に涙され看取られる程ステキなあなたの事を

あなたが生きてきたということ
エリに教えてくれた多くのこと
ずっと忘れません

これからもエリを
見守ってって下さいね
スポンサーサイト


最期を看取るというのは、最後の瞬間に立ち会うというだけではなく、最後のときを迎えるまでを一緒にどう過ごせるかだと思う。
Nさんは、えりんこに見取られて、良いときを過ごせたんだろうね。
2007/04/03(火) 22:48:09 | |恭 #-[ 編集]

同職者に
そんなふうに言ってもらえると

スゴク嬉しいです

なんだか
また思い出して
泣いてしまいました
2007/04/04(水) 20:58:54 | |恭ちゃんへ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://pokke24pinky.blog37.fc2.com/tb.php/213-fe53731d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。